中学受験における社会の攻略法とは

中学受験において社会はとても重要なウェイトを占めています。そして多くの受験生は算数や理科に時間を取られてあまり社会の勉強に時間をかけることができなかった、ということが多いです。一般的にこの科目は年代や用語の暗記が多く苦手意識のある受験生にとってみると苦痛かもしれません。しかしこの社会を攻略するためのポイントは存在します。そこでこの中学受験における社会の攻略法について紹介します。
社会は歴史分野と地理分野に大別されるのですが、実際に受験問題を見てみると、歴史分野では通史での出題が多いことに気がつきます。つまり歴史を年代順に、タテの流れで問われることが多いのです。ただ、通史といってもその国や時代の周辺の知識についてもチェックすることを忘れないでください。ただし受験では範囲が膨大なため、マニアックな知識は必要ありません。受験の合格を考えるのであれば必要最低限の重要な知識を覚えることに集中しましょう。
次に地理分野ですが、この分野は歴史を学ぶときにも重要になってくるので優先的に勉強を開始する必要があります。そして学習する際は、用語などを漢字で正確に覚えるようにしましょう。ひらがなでは点を与えてくれない場合があります。また自分で地図を書きながら学習する癖をつけておくと、これも歴史分野で大いに役に立つことでしょう。
社会の範囲はとても広く、一朝一夕の勉強ではまるで歯が立ちません。なるべく早い段階で学習をスタートさせることが合格への近道となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>